• facebook
  • twitter
  • instagrum

​sabukarutokiyo@gmail.com

​©︎ 2017-2020 サブカル トーキョー Co. ALL Rights Reserved

でことらんど 

「みんなが知らないような海外の世界も俺は見てきてるからね。」

「昔の方が活気があったね。」

「ある意味、お前らの方が健全でしっかりしてて真面目で着実なわけよ。」

「インスタグラムとかフェイスブックとかって前はかっこいい人たちがやってたものなんだけど、今はダサい人もやってるからさ。」

「もっと若い子にもクラブカルチャーに触れて欲しい。」

TRUMP ROOMオーナー 松村逸夫 氏

​記事を読む

でことらんど 

「結局王道が好きなんですよ」

「ギャルの人に対する接し方が好きですね」

「ピンクは自分にとって脳に良いんですよ」

「分かり合えちゃうのは嫌なんですよ」

「自分自身をサブカルチャーだとは全く思わないです」

あさくら画廊店主 辻修平氏より

​記事を読む

でことらんど 

「教育刑論の立場にたって、

刑罰の歴史を展示しています」

「やはり、隠されているものには抗えない魅力がありますから」

「人間の本能ではあるんでしょう」

「罰ではなく、制裁ですね」

「臭い物に蓋をしたまま、でいいんでしょうか」

明治大学博物館 学芸員 外山徹氏より

​記事を読む

でことらんど 

「でも、ただ面白いだけでもだめなんですよ」

「サイズ感っていうのはありますね、この広さだから表現できているものがあります」

「映画館は廃れないと思いますけどね」

「“次世代を発掘してやる”なんて偉そうじゃないですか」

「若くて暇があった時代は、実在しない架空のアーティストのアルバムをブログでレビューしてましたね」

下北沢トリウッドスタッフ 山本氏より

​記事を読む

でことらんど 

「それはもう、クリエイティブとはかけ離れた状況で。」

「模様があるとつい目で追っちゃうんですよ」

「自然体でいたかったんです」

「100%自分のものではなく、100%他人のものでもない。」

「いろんな価値観があることが大切。

多様性の中から新たな何かが生まれてくるはず」

刺龍堂店主 Ron氏より

​記事を読む