• facebook
  • twitter
  • instagrum

​sabukarutokiyo@gmail.com

​©︎ 2017-2020 サブカル トーキョー Co. ALL Rights Reserved

​記事を読む

でことらんど 

「阿吽です、ヘタレが気軽に入って来ないようにって」

「アブサンシーシャ、好きな人はこれしか吸わない」

「僕もいろんな音を聴き倒してきたけれども、最後に行き当たったのはスネアなんですよ」

「テーマの重さです。人の生き方まで左右させるテーマなんて他にないですよ」

「宗教の中でも密教、コアな部分はどこもかっこいいよね」

梵字バー店主 北華阿飛 氏

でことらんど 

​記事を読む

「レベルXの時の衝撃と僕たちのカフェやバーをやりたいっていうのが繋がったんですね、

そこで」

「毎日楽しんで営業していることじゃないかなぁって思うんですよね」

「今はこんな感じになってる」

「言葉に出して思わず笑っちゃうような名前にしたいんすよね」

「オススメのポイント?面白いですよ?」

8bitcafe店長 ナヲ氏より

でことらんど 

​記事を読む

「女性のリアルな意見が欲しい」

「快楽が一種の趣味でも良いのではないか。」

「海外のバイブってつまんないんですよ」

「性欲は溜めすぎると健康にも悪いですから」

「一つ一つのバイブに開発者の思いがこもっている」

VIBE BAR広報 泉氏より

でことらんど 

​記事を読む

「どっちかっていうと『社会人クラブ』、みたいな。『部室』ってよく言われます」

「アニソンって、単なる歌じゃないんですよ。」

「ほかのお店では『知らない』って一蹴されてしまうような話も、ここではそれがない。」

「アニメにしろ、映画にしろ、一本の作品で完結しないのがオタクかな」

「オタクの『俺だけは好き』って気持ち、世間的にはカウンターカルチャーなわけで」

44sonic店主 キムラケイサク氏より

でことらんど 

​記事を読む

 

「私の半分以上は陸奥A子先生の漫画の世界でできている」

「女の子のライフスタイルがここに詰まってた、お手本」

「私、今だに漫画の世界に浸ってるから」

 

「あっ、レースとフリルとリボンの世界のフェチズム」

「さて、商業漫画の世界において読者というのはどういう立場なんだろうと」

「主義だから、イズムだから、哲学だから、もう語録だから」

 

喫茶セピア ママ

キャンディ・キャンディ博物館館長 キャンディ・H・ミルキィ 氏より